チクニーと媚薬で変わる快楽の世界!乳首オナニーの正しいやり方とコツ!

チクニーと媚薬で変わる快楽の世界!乳首オナニーの正しいやり方とコツ!

チクニーと媚薬で変わる快楽の世界!

乳首オナニーの正しいやり方とコツを紹介します!

「乳首オナニー」の略語であるチクニーですが、性器を刺激する一人エッチに次いで人気のある方法です。

普段のオナニーでは満足できなくなった人は、性的な開発を行う意味でもチクニーに挑戦してみてください!

チクニーに媚薬は必須アイテム!世界が一変します!

チクニーに媚薬は必須!?チクニーと媚薬の関係性を紹介します。

チクニーに媚薬は必須アイテム!世界が一変します!

セックスする時に媚薬を使うという人もいますが、同じく性的な興奮や快感が目的である「オナニー」にも媚薬は使われます。

チクニーとは「乳首オナニー」の略で、乳首を使った一人エッチのことです。

そのため、チクニーに媚薬を使ってみる価値はあると判断して構いません。

実際にチクニーに媚薬を使ってみた結果、世界が一変するくらいの快楽を味わうことができて、チクニーにハマってしまったという人も多いです。

男女どちらも乳首が性感帯であるという人も多いですが、そうでない人は乳首を刺激してもそこまで快楽を得ることはできません。

そんな人はチクニーに媚薬が必須となります。

特に、チクニーに媚薬を使うなら塗るタイプのものが塗った部分の感度を著しくアップさせてくれます。

普段乳首で感じないという人でも、乳首が性感帯になったかのような刺激を味わうことができるでしょう。

おすすめのチクニー媚薬アイテムは「濡花魁」です!

「超感度アップ媚薬クリーム」と呼ばれている濡花魁ですが、塗る媚薬の中でもトップクラスの評判を貰っていました。

感度が100倍まで上がると言われていて、ちょっと塗ってちょっと刺激するだけでイキ放題という素晴らし効果があります!

 

媚薬の他にも乳首の感度を上げる方法はあります。

感度アップの方法、感度のレベルチェックなど下の記事も参考にしてください。

↓↓↓

乳首の感度をあげる3つのやり方!媚薬・吸引などおすすめの方法を紹介!7つの感度レベルもチェック!

感度が高ければ、チクニーで射精やドライオーガズムはすぐそこかもしれません!

チクニーとは!?

チクニーとは!?マニアックだけど気持ちいいと言われているチクニーについて紹介します。

チクニーとは!?

チクニーとは「乳首オナニー」の略語のことです。

普通の一人エッチは主に性器を刺激するのに対し、チクニーの場合はひたすら乳首を刺激してオナニーを行います。

基本的に射精や中イキの場合は性器への刺激が必要ですが、性感帯が乳首だという人は、チクニーでも射精や中イキすることは可能です。

媚薬等を使えばチクニーでも射精や中イキできる可能性がグっと上がるので、乳首が性感帯でないという人も、チクニーを楽しむことはできるでしょう。

「日頃から性器ばかりを刺激しているのでチクニーと言われてもピンとこない」という人も多いのですが、チクニーの刺激も申し分ないレベルです。

普段と違うオナニーというだけでも興奮する要素を兼ね備えていますし、乳首への開発にも役立つかもしれません。

チクニーのメリット

例えば、チクニーによって乳首の感度を上げた状態でセックスしてみてください。

パートナーが乳首を刺激した時に良い反応を相手に見せることができるので、相手のセックスに対する興奮も高まってきます。

気持ちよさ・セックスの際の開発のどちらも使うことができる便利なオナニーが、このチクニーです。

実際にチクニーを行ってハマってしまったという人もたくさんいました!

チクニーは男がハマりやすい!そのわけは!?

チクニーは男がハマりやすい理由を紹介します。

チクニーは男がハマりやすい!そのわけは!?

男女どちらも行うことができますが、女性よりもチクニーは男性の方がハマりやすい傾向があります。

女性の乳首は性感帯としても有名で、なおかつ男性にとっては乳首やおっぱいそのものが性欲をそそるポイントとなります。

そのため、男性は女性の乳首を舐めたり愛撫することが多く、女性は乳首の攻めによって開発されつつあります。

しかし、男性の場合はそうではなく、よほどのSっ気がある女性(もしくは男性自身にMっ気がある)が相手でないと、なかなか乳首攻めはされません。

この状態だと、男性の乳首は開発されているとは言えず、「放置されているから性感帯として成り立っていない状態」となります。

チクニーは男がハマりやすいポイントもこの部分にあり、普段攻められていないからこそ男性がチクニーした時の快感が得られるのだと考えてください。

男性がチクニーをして、乳首が敏感になって、段々と快感を得られるようになります。

普通のオナニーではなく、男性でもチクニーでないとイクことができないという人もいるくらいの快感を味わうことができるので、普通のオナニーで物足りなさを感じた場合におすすめです。

チクニーで射精した男性の体験談

チクニーで射精した男性の体験談について紹介します。今回は、チクニーで射精したことのある3人の男性から体験談を聞いてみました!

チクニーで射精した男性の体験談

 

チクニー無しでは生きていけない!

チクニーで射精した体験を持っています。

最初は普通のオナニーでは感じなくなったから試してみましたが、これがまた気持ちいい!

チクニーする際に媚薬を使っていますが、媚薬を塗ることで劇的に感度がアップして、ちょっと乳首をつねっただけでも気持ちいい!

あっという間に射精してしまいました。

自分がMになったかのようなチクニー射精体験でした。

(40歳・フリーター チクニーで射精体験談)

チクニーで射精した時の解放感が半端ない…

チクニーで射精した体験ですが、まず、射精する瞬間はどんな射精よりも気持ちがいいです。

媚薬で感度が上がっていることが原因ですが、今まで乳首を攻めても特に気持ちよくなかったのに、こんなにも変わるものだと感心してしまいました。

毎日媚薬を少量塗って、激しいチクニーを行い射精する、僕の日課となりつつあります!

(24歳・会社員 チクニーで射精体験談)

チクニー射精のおかげで新たな道を見つけることができた

チクニー射精のおかげで新たな快楽を得られることができました。

普通のオナニーで射精しても気持ちいいのですが、射精するまで乳首をガンガン攻めることによって、「女性から攻められている」ような感覚を得ることができます。

元々自分はMだったので、この感覚で興奮することができました。

チクニーをして10分もせずに射精できますし、射精した後の虚無感も何もありません!

(35歳・会社員 チクニーで射精体験談)

チクニーのやり方とコツ!男女共通

チクニーのやり方とコツを紹介します。このチクニーのやり方とコツは「男女共通」ですので、男性も女性も参考にすることができるでしょう。

チクニーのやり方とコツ!男女共通

まず、初心者の人は、最初はどう頑張ってもイく(射精する・潮を吹くなど)はできないことが多いです。

ポイント1

まだ乳首の開発が完全に済んでいない状態なので、気持ちいいとは感じません。

そのため、初心者が行う正しいチクニーのやり方とコツは「少しづつ慣れていくこと」です。

チクニーのやり方は強い刺激を与えるよりも、少しづつ強い刺激を与えていったほうが、効率よく乳首開発ができます。

ポイント2

だんだん慣れてきた人のチクニーのやり方についてですが、この頃になると激しく乳首を擦ったり、つねったりしても一定の刺激を感じることができます。

そのため、多少強い刺激を継続して与えたり、間隔を空けつつ刺激して気持ちよくなるのが、正しいチクニーのやり方です。

このチクニーのやり方は乳首が開発されている人も有効です。

人によって乳首を擦った場合と、転がしたりこねまわしたりする場合、つねる場合等、気持ちいいポイントが存在します。

この気持ちいいポイントを自分で把握した上で行うのも、大切なチクニーのやり方です。

チクニーのグッズ~媚薬やおもちゃでおすすめはこれ!

チクニーのグッズについて紹介します。

チクニーのグッズ~媚薬やおもちゃでおすすめはこれ!

チクニーを行うのであれば、「チクニーグッズ」は必ず持っておくべきです。

様々な媚薬やアダルトグッズの中から、チクニーにぴったりのものを見ていきましょう。

まず、チクニーグッズの中でも媚薬についてですが「塗る媚薬」が一番適切だと考えられています。

塗る媚薬を乳首にたっぷり塗って刺激するだけで、興奮が爆発するかのような感覚を得ることができます。

おすすめのチクニーグッズ(媚薬)は「濡花魁」という塗る媚薬で、AVの撮影や風俗店でも使っているところが多いほどのリピーター力を持っていました。

塗る媚薬以外だと「発情性を高める飲む媚薬」がチクニーグッズとして優秀です。

飲む媚薬によって精神的に性的興奮状態をキープできるので、普段とは違う刺激でも簡単に気持ちよくなることができるでしょう。

 

濡花魁の他、おすすめで効果の高い塗る媚薬をランキングで紹介しています。

↓↓↓

塗る媚薬おすすめ人気ランキング!口コミ&効果で厳選したAV現場でも使われるクリーム!

乳首に塗って、あそこに塗って興奮度マックスです。

チクニーグッズについてですが、一番おすすめなのは「チクニー専用ローター」です。

ローターと言えば女性が使うものだと考えられますが、チクニーの場合は男性でも使うことができます。

ローターを乳首に当てて刺激すればいいだけなので、チクニー初心者の人でも楽しむことができるでしょう。

チクニーグッズではありませんが「電動歯ブラシ」等もおすすめです。

小さなブラシがシコシコと乳首を刺激する快感は、「強い」というよりも「心地よい」感じです。

初心者におすすめのチクニーグッズだと考えて構いません。

チクニーでドライオーガズムに達する方法!

チクニーでドライオーガズムに達する方法を紹介します!

チクニーでドライオーガズムに達する方法!

ドライオーガズムとは「射精を行わずに絶頂する」ことです。

主に男性において使われる言葉ですが、女性の場合はそのまま「オーガズム」と言います。

チクニーでドライオーガズムに達することは可能です。

しかし、男性の場合ならチクニーでドライオーガズムではなく普通に射精してしまうかもしれません。

この場合でも快楽や絶頂の強さはあまり変わらないので、「どちらでもいい」と捉えて問題はないでしょう。

チクニーでドライオーガズムに達する場合は、性的興奮もMaxにしないといけません。

チクニーする際に視覚的刺激や聴覚的刺激・嗅覚的刺激は必須なので、エッチな画像や動画を用意して、リラックスできる匂いも準備しておきましょう。

チクニーでドライオーガズムに達したい場合は、ひたすら乳首を攻めることが大切です。

ポイント

弱い刺激や心地よい程度の刺激ではチクニーでドライオーガズムには達しないので、強めに擦ったりこね回したり、つねってみてください。

乳首が開発されているのだとしたら、チクニーでドライオーガズムには10分程度で達することができるでしょう。

なかなかチクニーでドライオーガズムに達しない場合は、いつもと違った刺激を試したり、媚薬やアダルトグッズを利用してください。

チクニーにローションか媚薬は必ず必要!その理由は!?

チクニーにローションや媚薬はほぼ必須!?その理由について紹介します。

チクニーにローションか媚薬は必ず必要!その理由は!?

チクニーにローションや媚薬は必須です。

ローションや媚薬は性的興奮を高めてくれるアダルトグッズでもあり、塗った部分を滑らかにしてくれる効果があります。

ローションや媚薬のおかげで、普段なら痛いかもしれない愛撫でも快感や快楽に変わるというケースは多々あります。

チクニーもローションや媚薬のおかげで、普段より強い刺激を試すことができるかもしれません。

チクニーにローションや媚薬を使っていない人は、基本的にチクニーやりたてだと射精やドライオーガズム・通常のオーガズムを味わうことはできません。

しかし、チクニーにローションや媚薬を使えば、まるで世界が変わったかのように射精・絶頂を繰り返すという人もいました!

単純に行為そのものを助けてくれることから、チクニーにローションか媚薬はほぼ必須だと言われています。

もちろん、慣れた人はチクニーにローションや媚薬がなくても気持ちよくなることはできます。

ですがが、一度チクニーにローションや媚薬の気持ちよさを味わったのだとしたら、通常の乳首オナニーや一人エッチでは物足りなくもなります。

最高に気持ちいい一人エッチを継続して行いたいのであれば、いかなる場合でもチクニーにローションや媚薬を使うことをおすすめします。

チクニーと媚薬で一歩先の楽園

チクニーと媚薬についてまとめました。

チクニーと媚薬で一歩先の楽園

チクニーをするのであれば、媚薬かローションは必須だと考えてください。

他にも乳首用ローター等がありますが、これよりも直接の刺激を助けてくれる媚薬の方が、チクニーにおいては役に立ちます。

インターネットの通販等で評判の良いチクニー媚薬を調べた上で購入してみてください。

基本的には塗るタイプの媚薬が安定して効果を発揮してくれます。

チクニーに慣れた・他の媚薬も試してみたいというなら、飲むタイプの媚薬を使った上でチクニーをするのもおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。